2016/04/08

Power BI publisher for Excel (日本語版)のインストール

Power BI publisher for Excel が、2016年4月7日 公開で バージョン 2.33.3232.21561 になりました。(ダウンロードセンターではこのバージョンが表示されますが、インストールした後で Excel で確認すると、バージョン 2.33.3272.21901 でさらに更新されているようです)

日本語版アドインもあり、そのインストーラーもダウンロードできます。ただ、日本語のダウンロードページから言語設定をせずにダウンロードすると英語版がダウンロードされるので、優先言語を日本語に設定してダウンロードする必要がありますので気を付けてください。

Power BI ダウンロード ページ
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/downloads/

右下に「Power BI publisher for Excel」があります。
そこから Power BI publisher for Excel のダウンロードページに移りますが、日本語のアドインを使いたい場合は、[ダウンロード(32ビット)] のボタンをクリックせずに、[優先言語でのダウンロード]をクリックしてください。


Download Center のページに移るので、日本語(Japanese)を選択して、[Download] をクリックします。



通常は32bit版を選ぶことになるでしょう。ファイル名に ja-JP があり、32bit という文字があるファイルを選びます。



ダウンロードした msi ファイルを実行します。インストールが始まります。



セットアップウィザードの指示に従い、インストールを完了させます。


Excel を起動すると [Power BI] タブがあり、日本語のリボン コマンドを確認することができます。


このアドインにより、Excel のデータを Power BI サービスで公開・共有する方法が2つになりました。

一つは [発行 – Power BI への発行] から [クラウドに保存] でブック全体を OneDrive や Power BI サイトに保存し、Power BI サイトでデータを可視化するグラフなどのパーツを含むをレポートを作成、レポートのパーツからダッシュボードにピン留めする、これまでの方法。


そして、2つ目は Power BI publisher for Excel アドインをインストールした Excel の [Power BI]タブを使って、ワークシート上のグラフやセル範囲を「ピン留め」する方法。 Power BI サービスにサインインしていれば、そのアカウントで利用できる「ダッシュボード」のリストが表示され、ピン留めするダッシュボードを選ぶことができます。


ブックはクラウドに保存する必要はなく、ローカルPCにあっても Power BI サービスで共有することができます。ただし、その場合は明示的にローカルPC側から 「ピン マネージャー」を使ってピン留めされたグラフなどを更新しないと、Power BI サービス側のデータは最新にならないことに注意してください。


自動更新が必須ではなく、手軽に Excel のデータ、グラフなどを共有したい場合、Power BI publisher for Excel は非常に導入しやすいソリューションですね。

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.

自己紹介


PowerBI コミュニティ勉強会の 沼口 です。
https://powerbi.connpass.com/
最近の Excel は Office 365 のクラウドサービスと 連携する方向性が打ち出されています。この「Road to Cloud Office」ブログでは、Excel ユーザーの視点から Power BI Service や、Office 365 の活用方法を模索した結果をお伝えしています。
Microsoft MVP for Data Platform 2017-2018