2016/04/30

Excel 2016 のピボットテーブルの自動時刻グループ化機能のグループ化を解除する

Excel 2016 の追加更新機能で Automatic Time Grouping (時刻のグループ化) 機能があります。

日付データをピボットテーブルのフィールドリストにあるレイアウトセクションの列や行にドロップすると、年・四半期・月に最初からグループ化してくれる機能です。

それまでは、ピボットテーブルの行や列のラベルフィールド上で、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)から [グループ化] を選んで、年や月でグループ化していました。

日付の場合は、この操作なしにグループ化されるようになりました。

とはいえ、会計年度が1月~12月でない場合が多い日本の場合は、四半期のグルーピングが邪魔ではないでしょうか。実践ワークシート協会の会計年度は10月~9月なので、一般的に多い4月~3月ではないのですが、それにしても第1四半期は1月~3月ではありません。

ということで、この四半期のグループ化を外すことが多いのですが、これまで、自動的にグループ化され作成されたフィールドをレイアウトセクションから外す、という作業をするか、ラベルフィールド上のコンテキストメニューで [グループ解除] を選択していました。


この解除作業、上記の手順ではなく、日付フィールドをピボットテーブルに配置して自動時刻のグループ化された直後に Ctrl + Z で解除されることを知りませんでした・・・

以下は配置直後に Ctrl+Z をしています。


操作直後の Ctrl + Z で解除って、他にもあります。

ハイパーリンクです。

メールアドレスが多いでしょう。もちろん、URLのハイパーリンクも、入力直後の Ctrl+Z で解除されます。

ハイパーリンクはオートコレクトのオプション設定で「オフ」にすることができます。


では、時刻のグループ化をオフにするオプションがあるか調べたところ、Excelのオプションにはオン・オフをする項目はありませんでした。

どうしてもオフにしたい、という場合はレジストリの変更となります。(今の時代にそれですか!)

Windows版Excel 2016のピボットテーブルで時間グループ化をオフにする
https://support.office.com/ja-jp/article/6be5afed-348c-4db2-9f87-5ac262d67b3f

2016/10追記 さすがに Excel のオプションでオフにできるようになりました。


以上、Excel 2016で追加されたピボットテーブルの時間グループ化/時刻のグループ化機能の話題でした。

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.

自己紹介


PowerBI コミュニティ勉強会の 沼口 です。
https://powerbi.connpass.com/
最近の Excel は Office 365 のクラウドサービスと 連携する方向性が打ち出されています。この「Road to Cloud Office」ブログでは、Excel ユーザーの視点から Power BI Service や、Office 365 の活用方法を模索した結果をお伝えしています。
Microsoft MVP for Data Platform 2017-2018