2017/04/12

[Power BI Desktop] 期待のクイック メジャーが利用可能になりました

ついに待望の機能「クイック メジャー」が追加されました。

2017年4月現在、クイック メジャー (Quick Measures) は「簡易分析」という日本語訳が当てられていますが、近い将来、すべての訳は クイック メジャー に変更されそうです。

クイック メジャーは、Excel ユーザーにとってみればピボットテーブルの「計算の種類」です。Power BI Desktop ユーザーにとっては「自動DAX式生成機能」といえるでしょう。複雑な DAX 式を手で作るのではなく、ダイアログで条件などを指定することで「自動生成」してくれる機能です。

ピボットテーブル レポートを使って分析をしている Excel ユーザーにとっては、DAX 式学習のコスト削減になることは間違いありません。
ピボットテーブル レポートの「計算の種類」のリストから選択し、ダイアログボックスで条件設定するだけでできるのと同じ計算を、Power BI Desktop でやるには?という質問に、「DAX でイチから書くしかないですね」といつも言われ、その DAX 式が結構複雑になることから、Power BI Desktop の利用・移行を躊躇している人も多かったと思います。

たとえば以下のピボットテーブル レポートでは、計算の種類の「基準値との差分の比率」 - 「基準アイテム (前の月)」を使って、前月との差分を計算しています。


繰り返しになりますが、この列の計算結果は、ピボットテーブルの「計算の種類」からダイアログの設定のみで算出可能です。数式を弄ることは一切ありません。

これと同じ計算結果を Power BI Destop のレポートでは、テーブルのビジュアルで、クイック メジャーを使うことで、DAX を直接記述する必要はなくなりました。


このメジャーの DAX 式は以下になります。この DAX 式は、日本語のエラーメッセ―ジを含めて、すべて自動的に作成されたものです。


前月との差分の比率(MoM% = Month Over Month %) を計算するには、上記のような DAX 式を書かなければならないわけですが、それをクイック メジャーのダイアログで条件設定することで可能になるのは、すごく利用のハードルを下げてくれました。

クイック メジャーはまだ「プレビュー」機能です。バージョン 2.45.4704.442 64-bit (2017年4月) 版から利用可能ですが、 オプションのプレビュー機能のチェックをオンにする必要があるので注意してください。


とりいそぎ現時点でマイクロソフトから提供されている クイック メジャー の情報のページは以下になります。ぜひ参考にしてください。

Use Quick measures to easily perform common and powerful calculations (Preview)
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-desktop-quick-measures/

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.

自己紹介


PowerBI コミュニティ勉強会の 沼口 です。
https://powerbi.connpass.com/
最近の Excel は Office 365 のクラウドサービスと 連携する方向性が打ち出されています。この「Road to Cloud Office」ブログでは、Excel ユーザーの視点から Power BI Service や、Office 365 の活用方法を模索した結果をお伝えしています。
Microsoft MVP for Data Platform 2017-2018