2017/02/27

[Power BI] Excel ユーザーにとっての「メジャー」とは?

先日の Power BI勉強会#3、ご参加ありがとうございました。
ご参加いただいた方で、これから Power BI を勉強したい、という人が多かったのですが、Power Pivot や Power BI Desktop を使いはじめると、早い段階で「計算列」と「メジャー」について学ぶことになります。「計算列」は Excel ユーザーにとっても馴染みがありますが、「メジャー」はなかなか理解しづらいという話をよく聞きます。

例えば、「Power BI メジャーとは」でインターネット検索すると、マイクロソフトの以下のコンテンツを見つけることができます。Power BI 関連のコンテンツは、このご時世でも結構日本語化されているんですよ。

Power BI Desktop のメジャー
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-desktop-measures/

チュートリアル:Power BI Desktop で独自のメジャーを作成する
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-desktop-tutorial-create-measures/

実は Excel ユーザーにとってメジャーを理解する近道、もしくは Power BI Desktop を理解するポイントは、Excel のピボットテーブルと比較するのが一番だと思います。

Power BI Desktop を操作するときは、テーブル、フィールド、レコードを扱いますが、「セル」という概念はありません。Excelユーザーが Power BI Desktop でデータを扱うとき、このセルのイメージが邪魔をすることがあります。
同じように、Excel ピボットテーブル レポートを作成する場合、表やテーブルをデータソースとして範囲指定した後は、テーブルのフィールドをドラッグ&ドロップしてピボットテーブル レポートを作ります。そこにセルの概念はありません。


この操作は、Power BI Desktop でもほぼ同じ操作性です。

ピボットテーブル レポートの作成で、数値しか含まないフィールドのチェックボックスをオンにして選択すると、そのフィールドが「数値」であることを Excel が判断して、Σ 値エリア(ボックス)に追加し、「数値」の列であることから「合計」の計算を自動的に行います。その結果はピボットテーブル レポートに自動的に追加されます。


これを「暗黙のメジャー」と呼びます。そうなんです。これが「メジャー」なんです。
つまり、メジャーとは、テーブルから何等かの計算結果を求めるための仕組みです。Excel の場合は、ピボットテーブル レポートを作成する際に、合計を求めたり、平均を求めたり、最大値や最小値をもとめる、個数を数える、といった「計算結果」を集計方法から選択することができます。


重要なポイントは、この設定では元のテーブルやワークシートに列を追加して数式を入れたり、集計行を追加しセルに数式をいれた結果を参照していません。元のテーブルやワークシートに対して、なんら列や行の追加・修正をせずに計算結果を求めています。

「暗黙の」と呼ばれるのは、数値列であれば自動的に合計が既定になり、その他平均などのメジャーが用意される、という意味です。そのため、Power BI Desktop では数値フィールド名の先頭にΣマークがつきます。

Excel のピボットテーブルの [値フィールドの設定] と [集計方法] で合計や個数、平均といった計算を指定するように、Power BI Desktop でも [値 フィールド] のドロップダウン リストから計算方法を変更することができます。


そして、Excel ピボットテーブル レポートで設定できる、もう一つの計算方法のグループがあります。[値フィールドの設定] の [計算の種類] タブを選択すると、以下のような計算の種類を選択することができるドロップダウン リストが表示されます。


比率を計算するもの、累計を扱うもの、順位を扱うものなどを選択することができます。
同様の計算すべてを Power BI Desktop でやるには、一部ダイアログの設定で可能なものもありますが、多くはメジャーを「自分で」作成することになります。その時に処理を記述するのが、ワークシート関数に似た DAX (Data Analysis eXpressions) と呼ばれるものです。

Excelユーザーからすると、ピボットテーブル レポートの「計算の種類」で設定するだけで結果を得られるものを、DAXを使った数式でメジャーを作る「手間」がかかります。そのかわり、「計算の種類」には無い複雑な計算を独自に作成することができるようになります。

過去に私のブログで上記と似た内容を投稿しているのでそちらも参照ください。

Power BI Desktop - Excel とどこが違うのか(2)
https://road2cloudoffice.blogspot.jp/2016/04/power-bi-desktop-excel-2.html

DAXについては日本マイクロソフト Data Platform Tech Sales Team Blog さんの DAX 入門シリーズが参考になります。
連載:DAX入門
https://blogs.msdn.microsoft.com/dataplatjp/dax/

先日の勉強会で「四半期がうまく扱えなくて・・・」という質問をいただきましたが、プロパティの設定変更等では対応できません。カレンダーテーブルを作成して対応します。この件は、上記の DAX 入門の「カレンダーテーブルの作成」に解説がありますので、是非ご一読ください。

Power BI Desktop のメジャーは、Excel ピボットテーブルの [集計方法] や [計算の種類] であり、かつ DAX による数式を作成して独自の計算をすることが可能な仕組みです。
GUI のオートフィルターのフィルターオプションで指定する条件なども DAX を使って数式で指定することが可能です。その結果を「メジャー」として定義して、さらに作成したそのメジャーを使って、他のメジャーで計算が可能です。このメジャーの作成に慣れてくると、分析用の事前準備ではなるべくデータにフィルターをかけずにテーブルを扱うことができたら、と感じます。
前にご紹介した、データ分析の事前準備の Power Query で、本当にデータの絞りこみが必要かどうかは、この DAX によるメジャー作成に慣れているかにもよるでしょうね。

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.

自己紹介


PowerBI コミュニティ勉強会の 沼口 です。
https://powerbi.connpass.com/
最近の Excel は Office 365 のクラウドサービスと 連携する方向性が打ち出されています。この「Road to Cloud Office」ブログでは、Excel ユーザーの視点から Power BI Service や、Office 365 の活用方法を模索した結果をお伝えしています。
Microsoft MVP for Data Platform 2017-2018