2016/11/03

[Power BI] 日本政府環境局 JNTO さんのデータからのインサイト(2)

前回からの続きになります。

では、JNTOさんが公開している訪日外客数データを元に、インバウントのインサイトを探すジャーニーに出発しましょう(笑)。

まずは、元データですが、xls 形式の Excel ブックで、1枚のワークシートに1年分のデータが登録されています。2013年から2016年14枚のワークシートが格納されています。


http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/since2003_tourists.xls

これを Power BI Destop または Excel の取得と変換の Web からで、このリンクを利用します。Excel ブックじゃないことに注意です。

Power BI Desktop
Excel 取得と変換
Power BI Desktop を例に手順を追ってみていきます。

なお、Power BI Desktop で xls ブックを開こうとすると「エラー」になる場合があります。(たぶん、多くの人はエラーになると思います)
エラーになった場合は以下を参照してください。Access Database Engine のインストールが必要です。
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/documentation/powerbi-desktop-access-database-errors/

通常、複数のワークシートからデータを取り込みたい場合、取り込みたいワークシートをチェックします。
Power BI Desktop のナビゲーターで複数ワークシートを選択
この方法だと、新しくシートが追加された場合は指定しなおさない限り取り込まれません。
また、それぞれをチェックすると、チェックした数のクエリが作成され、その数の分だけ「編集作業」をしなくてはなりません。

実は、Excel の取得と変換(Power Query)では、フォルダーのアイコンを選択して、[編集] をおして、次の設定画面に進むことができます。

ところが、Power BI Desktop (バージョン: 2.40.4554.421 64-bit (2016年10月)) の場合、フォルダーのアイコンを選択すると、[編集] ボタンがグレーになり、押すことができません。

Power BI Desktop [編集] ボタンを押せない
Excel ではできるのに、なぜ Power BI Desktop ではできないのか、と思いましたが、フォルダのアイコン上で右クリックメニューを出すと [編集] がでてきます。このトラップはびっくりしました。

Power BI Desktop の [編集]ボタン
このフォルダ アイコン(=ブック)を編集ボタンで取り込むと、クエリエディタの以下の画面が表示されます。

Power BI Desktop クエリエディタ 複数シート取り込み
それぞれのワークシートの名前の他に、'2005$'Print_Area という項目があります。これは「印刷範囲の指定」をした範囲を表します。テーブルがある場合は「テーブル1」といったテーブル名が表示されます。

業務上は、なるべく表を「テーブル形式」にしておくことで、Excel ブックのワークシートから必要な「データのみ」を取り出すことができます。そのようなときは、このクエリエディタではワークシートを選ばず、テーブルのみを選びます。今回は、テーブルではないので、ワークシートを選びます。

ここでの注意は「必要なものを選択しない」です。ポイントは「不要なものを外す」です。

今回は印刷範囲をはずしたいので、この列のフィルターオプションで「Print_Area を含まない」を設定します。

テキスト フィルター
行のフィルター ダイアログボックスで 「指定の値を含まない」 で 「Print_Area」 を設定します。


[OK] を押すと、クエリエディタでは、ワークシートのみが残った表になります。


ここまでの手順や設定は、Excel の取得と変換もほとんど同じです。
このあと、Data 列を展開することで、すべてのワークシートのデータを 「クエリの追加(Append)」をすることなく、1つにすることができます。

長くなったので、データの展開以降は次回になります。お楽しみに。

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.

自己紹介


PowerBI コミュニティ勉強会の 沼口 です。
https://powerbi.connpass.com/
最近の Excel は Office 365 のクラウドサービスと 連携する方向性が打ち出されています。この「Road to Cloud Office」ブログでは、Excel ユーザーの視点から Power BI Service や、Office 365 の活用方法を模索した結果をお伝えしています。
Microsoft MVP for Data Platform 2017-2018