2016/09/17

Power BI 勉強会 @ 品川マイクロソフト 登壇します

登壇します!と、思ったら、すでに満席でした・・・

http://connpass.com/event/38446/

Excelのユーザーのための、とうたっていますが、「取得と変換」の話になります。
逆説的なお題ですけど、以下のように思うんですよね。

  • CSVファイルの取り込みで「取得と変換」使わない理由がわからない 
  • 複数のワークシートからデータまとめる仕事なのに「取得と変換」を使わない理由がわからない
  • 複数のブックからデータをまとめるのに「取得と変換」を使わない理由がわからない
  • その、ピボットテーブルの表を活用するのに、「取得と変換」を使わない理由がわからない
  • VLOOKUPを使った数式を1万行とかのセルにコピーして「遅い」とかいうのはきつい・・・
「取得と変換」を Power Query に置き換えてもらっても同じですけどね。

データ分析結果を共有するなら、Power BI Desktop & Power BI Service です。ここで Excel にこだわる必然はないですよ。Power BI Publisher for Excel はありますが、そのダッシュボード作ることができるスキルがあれば、Power BI Desktop でレポート作っちゃった方が幸せになれると思います。

Excel 中心の作業や業務であれば、Power Query = 取得と変換 は今後必須になるでしょう、というか、いまどき CSV ファイルのインポートでテキスト ファイル ウィザードを使い続けるのはいかがなものか・・・です。取り込む時点で、データの絞り込みやら、細かくできないんですから。
そこから VBA もありですが、その前に取得と変換やってみましょうよ、と思いますね。

リレーションシップも取得と変換によるクエリがベースになります。Power Pivot は使わなくても、ほぼ同様のことを取得と変換でできます。今となっては Power Pivot の必要を感じません。
DAXをやってメジャー作るなら必要か、と思っていたら、Excel の実装はすごくて、データモデルとして登録すれば、Power Pivot を使わなくても、データモデルのピボットテーブルで、メジャーを DAX で作れるんだから、すごいよね。


みたいな話をしたいのですが、いかんせん50分くらいしかないので、絞り込まなきゃいけません。
少しでも参考になる情報を共有できれば!と思っています。

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.

自己紹介


PowerBI コミュニティ勉強会の 沼口 です。
https://powerbi.connpass.com/
最近の Excel は Office 365 のクラウドサービスと 連携する方向性が打ち出されています。この「Road to Cloud Office」ブログでは、Excel ユーザーの視点から Power BI Service や、Office 365 の活用方法を模索した結果をお伝えしています。
Microsoft MVP for Data Platform 2017-2018