2015/03/20

Excel Preview (Office 2016 Preview for Business - Excel 2016)

Office 2016 Preview (for Business) の公開およびダウンロードが開始された。

CNET|Japan
マイクロソフト、「Office 2016」とビジネス向け「Skype」のプレビュー版をリリース

現段階の Excel では以下の変更点がトピックだろう(Preview 版であるため、今後変更が加わる可能性はまだ多いにある)
なお、この Preview 版はいわゆる「Office 365 ProPlus」であり、Office 365 ユーザーが利用できる Office であることに注意されたい。特に Power BI 系についてはエディションにより使える機能が変わる。2016 でもその制限が継承される可能性が高いかもしれないからだ。

[追記] Power Query のシステム前提条件が v2.22 以降かわりました。こちらを参照ください[追記おわり]

[データ] タブに統合された Power Query

現バージョンまでは Power Query はマイクロソフト ダウンロード サイトからダウンロードするアドインの扱いだが、2016 からは [データ] タブに統合されている。
アドインからもなくなり、Excel に完全に統合された形になっている。

2016PowerQueryRibbon

xl2016A

xl2016B

xl2016C

xl2016D

なお、Power Pivot や Power View は現時点でのプレビューではアドイン扱いで、Excel 2013 と大きな違いはなさそうだ。

xl2016E

ただし、オプションの [詳細設定] – [データ] に「データ分析機能をオンにする」というチェックボックスが追加されており、このチェックボックスで Power Pivot のリボンのタブの表示・非表示が可能になっている。

xl2016F

データモデルでもピボットテーブルの 日付のグループ化 が可能に

このタイミングで、この機能が利用可能になったのは、相当ユーザーからの要望が多かったのか、最初から計画されていて技術的目処がついたのか、いずれにせよ Excel ユーザーにとっては非常にうれしい機能追加である。

以前の投稿の「リレーションシップとデータモデル」で、データモデルから作成されたピボットテーブルでは「日付のグループ化」や「集計アイテム」、「集計フィールド」が使えないことを紹介したが、集計アイテムや集計フィールドは Power Pivot と使うことで代用が可能であるが、日付のグループ化は Excel でありながら日付=シリアル値の操作性とは全く異なるため違和感(というか、使いづらい。。。)を感じていた。

リレーションシップを張ったテーブルをピボットテーブルにして、日付のグループ化はもちろん、SharePoint データ接続でデータモデルから直接ピボットテーブルを作成しても日付のグループ化が可能であることは確認できた。SharePoint リストは日付をシリアル値として持っているので、DateTime 型の SharePoint Access アプリ テーブル(SQL Azure テーブル)からデータ接続でピボットテーブルを作成し試してみたが、同様に日付のグループ化は可能だった。今後は「階層」を使わずグループ化ができるのは大きなメリットであろう。

xl2016G

この数日触ってみた感じでは 2013 と 2016 では大きな違いは見当たらない。What’s New を見ても現時点では Excel においては違いはあまりないと言ってよさそうだ。

What’s new in Office 2016 Preview (office online 英語)

ただ、やはり BI まわりの機能強化が多い。

英語ブログであるが、以下は Excel に関する新しい機能を紹介しているので、参照されたい。

Chris Webb’s BI Blog – What’s New The Excel 2016 Preview For BI?

ユーザーが利用するデスクトップ版については、正直のところあまり大きな変化がないのかもしれない。
Office 2016 についてはタッチ版ユニバーサル アプリである Office for Windows 10 のほうが今後話題になることが多いだろう。

Office for Windows 10 と Office 2016 の発表(2015/1/23)

0 コメント:

コメントを投稿

Powered by Blogger.

自己紹介


PowerBI コミュニティ勉強会の 沼口 です。
https://powerbi.connpass.com/
最近の Excel は Office 365 のクラウドサービスと 連携する方向性が打ち出されています。この「Road to Cloud Office」ブログでは、Excel ユーザーの視点から Power BI Service や、Office 365 の活用方法を模索した結果をお伝えしています。
Microsoft MVP for Data Platform 2017-2018